レビュー

【書評】LOVE理論から学ぶモテまくる秘訣とは?

Pocket

まいど、きんぽこです。

僕は出会い系を始める前まで本当に自信が無く、いつもモジモジして女性とまともに話したことすら無いような非リアな人生を送っていました。

僕のメルマガを読んで下さっている方だともうご存知かも知れませんが…

そこで今回は過去の僕へ向けてのメッセージ的なノリでLOVE理論から学ぶモテる秘訣をここに書き記していこうと思います。

過去の僕と同様にアニオタだけど、モテまくって女の子といっぱいセックスしたいー!という方はぜひ記事を読んで、そして本も手にとってみて下さいね。

本の内容自体はめちゃくちゃ面白いです。

いやこれはネタやろwww

とついついツッコミたくなる描写もありました。笑 

あーあ本当にもっと若い頃に読んでおけばな〜。

『LOVE理論』は恋愛のマニュアル本です。

恋愛以外にも学べる点もありますので、それについても今回は取っついていきます。

LOVE理論とは?

まずはこの本の題名でもある

『LOVE理論』

なんぞや??

となりそうですが、これ実は作者である水野先生自身がこれまでに何百冊という本。

そして何百個という情報教材を学び、そこから独自で編み出した恋愛理論なんです。

何百個って…

僕よりも恋愛について学んでいらっしゃる気がしますね。

僕もまだまだ頑張らなくっちゃです…笑 

とまあ、こんな感じのスゲー理論なんですが、内容は世の中の恋愛で悩んでいる男達をモテ男に生まれ変わらせる為の本だとも言えます。

心の中では『恋愛とかセックスとかしてみてぇぇ』と思っている様な童貞にはもってこいですね。

ただ注意点としてはこの『LOVE理論』は恋愛マニュアルに過ぎないという点。

いくら知識を積み重ねただけでは決して人生は好転しません。

それに伴った実践は必ず必要です。

僕も恋愛コンサルをしているので、分かるのですが知識を身につけても行動出来ないという人が大半です。

それでは宝の持ち腐れ…

しっかりと知識を持って行動出来るレベルまで落とし込んでいく必要があります。

そこで僕が実践しているのが『ハードルを極限までに下げる』という手法です。

例えば出会い系で今度女の子もセックスしたいなーと考えているならば、まずは難しい事は考えずに『登録』だけしてみる。

で、クリアしたら次はプロフィールを整えてみる。

という様に初めから大きな山を目指すのでは無く、通過点を常に目指していくというのがモチベーションが続きやすいです。

登山が苦手な人にいきなり『よっしゃー!今から富士山登るべ』と言っても絶対に反対されます。

そうではなく登山嫌いを富士山に登らせるためには『ちょっと富士山のふもとまで行くべ』と連れて行ってから最終的に登らせるのが一番賢い誘導の仕方です。

その為に『ハードルを下げる』モチベーションは資産です。

ハードルが高すぎてやる気が起こらなくなっちゃっとならない様に常にハードルは低く保ち、徐々にレベルアップしていく状態を作り出しましょう。

そうすれば今回の『LOVE理論』も宝の持ち腐れにはならずに済みます。

モテる男になる為には?

それでは本題です。

LOVE理論ではモテる為の前提条件として以下の等式が挙げられています。

モテる=変わる

今までのモテなかった過去。

そしてクソみたいなプライドを捨てて自分を変える事が出来る者だけがモテる様になると説いています。

いやーめちゃくちゃ分かります。

だって僕自身そうだったから。

中学時代は変なプライドを張って女の子にモテるどころか声すらもかけてもらえなくなったり、散々でした。

それからズルズル引きずってサラリーマンに。

さっさと変な偏見やプライドに囚われずに女の子と積極的に接していればと今更ながら後悔してます。

でも僕は出会い系に挑戦していく事によって変な偏見やプライドは捨て去る事が出来ました。

『変わる』事が出来たんです。

モテる為には前提として、今までの自分を変える必要がある。

これは恋愛セックス業界だけでなく、どのジャンルにおいても言える事なのでめちゃくちゃ重要です。

変化は自分を成長させてくれます。

最初の内はツライ事もあるかも知れませんが、必ず成長に結びつきます。

常に変化を追い求める。

この姿勢がモテる為、セックスライフを歩んでいく為のファーストステップです。

では、次に具体的な『LOVE理論』を紹介します。

大変じゃない?理論

まずはこの理論ですが、著書の中にこの様なフレーズがあります↓

女は酔っ払うとセックスがしたくなる生き物だ。だから女性にお酒を飲んでもらう為に、「大変じゃない?」と言葉を投げかけ女性が抱えている愚痴を存分に引き出すこと。

一見、明るく振る舞っている女の子でも深ーい闇を抱え込んでいる人はめちゃくちゃいます。

そんな女性に『それ大変じゃない?』と歩み寄ることで相手の良い相談相手となる事ができ、同時に信頼までも獲得する事が出来るんです。

女性が身体を委ねるパターンというのはある程度決まっています。

まずは相手の時間を奪う。

そして時間を奪っていく中で信頼を獲得する。

で、最後にセックスに持ち込む。

この流れはいつどの時も変わらない法則です。

『大変なんじゃない』と投げかける事で女性は安心感を抱く事も出来るんてますよね。

しかもプラスお酒。これは勝ち確と言っても良いのではないのでしょうか?

こう見てみると『アンビバレンスの法則』と似ている様な気もしますね。

詳しくはこちらの記事に書いてあるので参考にしてみて下さい↓

『アンビバレンスの法則』は常に意識しておくべし まいど、きんぽこです。 僕は25歳で童貞を卒業し、今ではセフレをバンバン作って、毎日の様に可愛い女の子とエッチをしまくっています。 僕...

では、次。

永遠のゼロ理論

最後に次の理論を紹介したいと思います。

『永遠のゼロ理論』なんかカッコいいですよね。笑 

著者の中にこの様なフレーズがあります↓

告白をして振られて、関係性がゼロになる事はない。むしろ、相手は告白をしてきた友人を異性として意識し出し、恋愛の引き金となる場合がある。

なんか青春アニメによくありそうな感じですね。

僕は元アニオタだったので、この手のパターンは自慢じゃないですけど沢山知っています。

例えば『とらドラ!』というアニメ。

ヒロインの大河は主人公の友人である北村くんに告白されて、始めは断ったのですが後々大河は北村くんの事が好きになっていきます。

その過程で主人公が…?というアニメです。

まさに『永遠のゼロ理論』

とらドラ!も中々面白いアニメなのでぜひ観てみて下さい。

ただし『永遠のゼロ理論』は告白しなければならないという高いハードルがあります。

そこをどれだけ自分を捨てて乗り越えられるかが鍵です。

モテる=変わる

変わらなければ好きな人からモテる事はまずありません。

現状維持ではなく常に変化を追い求め、楽しむ。

恥をかきまくれる様になればこっちの勝ちです。

僕も出会い系を始めた当初は成功もあれど、その殆どが失敗に終わっていた時期もありました。

精神的にも辛かったです。

もう辞めてちまえと。

でもあと1回。あと1回と積み重ねていく内にいつの間にか毎日美女とセックスしまくれる生活になりましたし、セフレも何十人も作る事が出来ました。

変化が僕を成長させてくれました。

『永遠のゼロ理論』

上手くいけば気になる女の子をゲットする事が出来るかも知れません。

ぜひ変化してアタックしてみて下さい。

股間を膨らませる前に想像を膨らませろ

これは僕がこの本を読んで最も印象に残ったフレーズです。

股間を膨らませる前に、想像を膨らませろ

家でカクテルを飲みながら本を読んでいたんですけど、これはマジで吹きそうになりましたww

なんか奥深いですね。

すぐに勃起してえいっ!っと射精するのではなく、その前にいかにして女性とセックスが出来るのかを教えて行動する事が重要です。

いやーまさにこの通りだなとww

出会い系であれば、まずは登録してみる事から始めてみて下さい。

今だと特典してプロフィールの書き方マニュアルを無料でプレゼント中なのでぜひ↓

【特典付き】最低でもこの出会い系サイトには登録すべし。おすすめサイト3選。 まいど、きんぽこです。 最近、おすすめの出会い系サイトを紹介してくれというメールがめちゃくちゃ来るので、この際にまとめて置こうと思いま...

『LOVE理論』

面白い側面もありましたし、めちゃくちゃ学べる側面ありました。

この本を手に取る事が出来て本当に良かったです。

女性と出会いたい、付き合いたい、セックスしまくりたい、セフレ欲しい…という方はぜひ読んでみて下さい。

めちゃくちゃ面白いですよ。

最後に僕のメルマガでは出会い系でセフレを作る為の方法などブログでは書いていない様な情報を発信しています。

気になる方はぜひメルマガ登録よろしくお願いします。

今日は少し長くなってしまいましたが、最後まで付き合って頂きありがとうございました。

それではまた次回〜。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロ。顔面自信なし。コミュ症。

そんな20代半ばの童貞サラリーマンが『出会い系』を通して生まれ変わることが出来た物語をメルマガにて無料配布中。

出会い系&セフレ&ナンパ…その他諸々に興味がある方はぜひ。

役に立つ情報もバンバン流しています。

→アニオタの童貞サラリーマンからセフレを作れるようになれた僕きんぽこの行動理念

メルマガ登録はこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー