レビュー

『嫌われる勇気』を読んで人生の考え方が変わった

Pocket

まいど、きんぽこです。

最近は読書をして新しい知識を得る事に取り組んでいます。

やはり知識に時間もお金も投資するのはめちゃくちゃ良いですね。

一気に頭が良くなって、行動力もぐんっとアップしたの様な気がします。笑

という事で、今日は僕が先日読んだ『嫌われる勇気』という本のレビューをしていこうと思います。

『嫌われる勇気』は2013年の12月に初版されたもので、

当時はアドラー心理学が超ブームになったそうなので、知っている方も少なからずいると思います。

(僕はアニメしか興味が無かったので知りませんでしたw)

こうした自己啓発本が大ヒットした裏側にはやはり多くの人が『人生への欲求不満』を感じ、

それをどうにかして変えていきたいという表れですよね。

本の内容自体はアドラー心理学をベースに語られていてとても役に立つ内容ばかりでした。

この本のポイントは大きく分けて3つあります。

・全ての悩みは人間関係

・共同体感覚

・課題の分離

以上3つなのですが、今回は僕がこの本を読んで最も重要。

かつ即使えるなと思った考え方。

『課題の分離』について詳しく解説していきます。

他の2つについても知りたい方はぜひ、手にとってみて下さい。

この課題の分離とは簡単に言うと、

自分の課題(タスク)と他者の課題を明確に線引きするというものです。

例えば、仕事を辞める時。

クソみたいなブラック企業で毎日、残業で死にそう〜。ツライ。

金銭的なデメリットもあまりなさそう。だから辞める。

これは筋が通った考え方です。

でも普通の人間はこの様に考える事が出来ないんですよね。

『あー仕事やめたら周りから何って思われるだろうか…』

とかとか、つい気にしちゃいます。

こういった考えを無視する事。

これがズバリ『課題の分離』です。

客観的にみたら自分が周りにどう思われようか勝手ですよね。

それは相手が決める事であって、自分が決める事では決して無い。

つまり自分の課題では無いわけです。

こう言う意味では課題の分離は『プライドを捨てる行為』と同意であると言えます。

周りからの評価ばかり気にしていてはなかなか行動出来ないものです。

実際に僕もそうでした。

出会い系の世界を知る前の僕はとにかくプライドが高い。

何一つとして誇れる様なモノは無いのに何故かプライドが高い。

それはプライドを失ってしまうと自己も同時に失いかけてしまうと思っていたからでしょうね。

でも出会い系を知って、僕が外の世界に出た瞬間、僕のプライドというのは完全に打ち砕かれました。

何一つひとりで出来ない。

女性と会話するのも出来なかったし、質問に答える事も出来なかった。

ただのクソコミュ症野郎w

それで打ちひしがれた僕はここで運良く、プライドを捨てて努力する事が出来ました。

ひたすら女性の事を勉強して、出会い系を通して行動していく。

そのおかげで今でもセフレを作りまくる事が出来ています。

僕が成功出来た理由のひとつは紛れもなく

『プライドを完全に捨て切れた事』です。

というよりかは「ははは…俺なんにもできねーや…」といった感じにプライドを砕かれたという表現の方が正しいですね。笑

周りの評価もどん底だと思っていたこそ行動しまくれたのだと思います。

この課題の分離という考え方は出会い系をやっていく上でもめちゃくちゃ使えますよ。

例えば、相手が自分の意見とは違う見解を持っていた際に、僕はあえて本音で語る事をしています。

「確かにこういう考え方もあるけど〜、こういった考え方もあるよ」みたいな感じ。

一見、相手の意見に油を注いでいるような行為かも知れませんが、実はこれが好手となる場合が多いです。

『あーこんな考え方もあるんだー』

と納得してくれれば、僕の事に少し興味が湧いてくれるかも知れません。

僕の経験上良くありますが。笑

しかし、相手の評価ばかりを気にしていると本音で語る事が出来なくなってしまいます。

それでは自分に興味を持ってくれる事は難しいです。

以前の記事にも書いていますが、魅力的な人物像というのは馬鹿正直で上を目指し続ける人の事を指します。

自己中なキャラクターは魅力的だよなー まいど、きんぽこです。 今日は自己中なキャラクターは魅力的だよという話をしようと思います。 出会い系などで女の子と会う時、自分をどの様...

本音が言えない人では決して自分のファンにすることも出来ませんし、魅力的だと思われる事はまずありません。

『課題の分離』

まとめると、自分の課題と他者の課題を分離する事。

プライドを捨て、相手の評価を気にしない生き方がベストである。

出会い系であれば、女性との会話が当てはまる。

相手の評価を恐れて、本音で語れないようでは自分のファンにする事は出来ない。

つまりセフレにする事は出来ない。

自分の価値観をあえて尖らせる。

コレがめちゃくちゃ重要。

その際に相手がどう評価してこようと自分は関係ない。

もちろん、相手の意見も踏まえる事は重要だか、自分の意見も会話では重要になってくる。

ちょっと長くなってしまいましたが、以上がまとめですね。

『プライドを捨てる』ってめちゃくちゃ難しい事だと思いますが、

恥を捨てるくらいのニュアンスで捉えて、どんどん行動出来るようになると完璧ですね!

僕もコレを機に最も恥をかいて行動しまくれるような人生を目指そうと思います。

今日は以上です。

長かったですが、ここまで読んで頂きありがとうございます。

それでは!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロ。顔面自信なし。コミュ症。

そんな20代半ばの童貞サラリーマンが『出会い系』を通して生まれ変わることが出来た物語をメルマガにて無料配布中。

出会い系&セフレ&ナンパ…その他諸々に興味がある方はぜひ。

役に立つ情報もバンバン流しています。

→アニオタの童貞サラリーマンからセフレを作れるようになれた僕きんぽこの行動理念

メルマガ登録はこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー