ネタ記事

【小ネタ】L字型カウンターはスキンシップが取りやすい

Pocket

まいど、きんぽこです。

出会い系で出会ったばかりの女性とデートするに当たって、まず無難と言えるのが『食事』ですね。

女性との距離を縮める為にも、僕はまず食事に行く事を強く勧めています。

相手の趣味や趣向も分からない状態で、変なイベントに誘うのは的はずれになってしまう場合が多いので注意しなければなりません。

僕が出会い系を始めた当初は『実験だー!』とか言って、謎にビリヤードなんかにも誘った事がありましたけど、大失敗に終わりました。笑 

別に僕がビリヤード得意という訳では無いのに謎のビリヤードw

お前はアホかw

と過去の自分に言いたいです…

まあ、それでデータとしては取れたので良かったのですが、もうちょっと考えて誘えば良かったなーと後悔しています。

相手の情報が分からない時はやはり『食事』に誘うのが無難です。

「でもどの店を選んだらいいのか分からない…」という人も多いですよね。

そこで今回は食事の内容ではなく、案外盲点となりがちな『席の配置』の観点から店選びのポイントを説明していきたいと思います。

3つの座り配置と特徴

席の配置には大きく分けて3つのパターンがあります。

『対面の席』

『横並びカウンター』

『L字型カウンター』

座り配置が違うだけでコミュニケーションに違いが出てくる場合もあります。

あと重要なのがスキンシップです。

食事で距離を縮めた後はホテルなりに誘うと思いますが、

その際に食事の段階でスキンシップを激しく取れる状態になっていれば、セックスへの誘導はめちゃくちゃ容易いものとなります。

スキンシップが取れる席配置なのか?

その点も店選びでは重要なポイントになってきます。

それでは3つの座り配置の特徴を心理的効果や仲の深まり方と絡めて説明していきます。

対面の席

まずはよくある『対面の席』からです。

テレビドラマなどのデートシーンとかではかなり定番なので「デート向きちゃうん?」と思われるかもしれませんが、

残念ながら『対面の席』は3つの座り配置の中で最もデート向きでない座り方です。

それは単純にスキンシップが取りにくいからとも言えますが、正面を常に向いている状態だと、

女性に慣れていない童貞男性は常に見られているプレッシャーに耐えられなくなってしまいます。

それが影響して会話もしどろもどろになったり…

女性は余裕がある男性を好みます。

もちろん女性に慣れてきて堂々と女性と話せるならば、自信を見せつけるという点でも『対面の席』はプラスに出る場合がありますが、

まだまだセックスもした事ない童貞だせ!という人はこの『対面の席』配置は避けた方が無難です。

店を事前に予約する場合はこの後に説明する『横並びカウンター』や『L字型のカウンター』にしましょう。

横並びカウンター

次に『横並びカウンター』です。

横並びの最大の特徴はスキンシップをめちゃくちゃ取ることが出来ます。

肘や肩がさり気なく当たると女性はドキッとしてしまうものです。

最初はソフトなスキンシップから始めて、徐々にハードなスキンシップの取り合いに。そこまで行けば余裕でホテルでセックスしまくれます。

こうなればもうこっちのもんですよね。笑 

しかし、一見良いことばかりに見えるこの『横並びカウンター』ですが、落とし穴もあります。

それがコミュニケーションが取りづらい事です。

女性が男性に身体を委ねる条件は『信頼度数』によってかなり変わってきます。

出会い系で会ったばかりの男性といきなりセックスするのは少し抵抗がある女性が殆どです。

だからこそ『信頼』が重要です。

スキンシップを取れる条件も信頼が無いとやはり難しいです。

コミュニケーションも取っていないのにスキンシップばかり取ろうとしていては、

逆に嫌われるだけ。ソフトなスキンシップも取れないで終わってしまいます。

ソフトなスキンシップを許してもらう為のコミュニケーションはやはり必要不可欠です。

コミュニケーションだけで言えば正面であればある程、効果は絶大になります。

これはコミュニケーションが得意な人の場合ですが…

その為、カウンター席だとコミュニケーションで信頼を稼ぐのが少し難しいです。

ソフトなスキンシップまで行けばこっちのもんなのですが、それまでが難しいのがこの『横並びカウンター』の特徴とも言えます。

L字型カウンター

最後は『L字型カウンター』です。

L字型カウンターとはその名の通りL字型のカウンターに斜め向きに座る席配置です。

この『L字型カウンター』が最も女性の反応をとるのに適していると僕自身考えています。

というか、経験上この席配置が最もスムーズにホテルに誘導できますね。

まずはコミュニケーションですが、斜め向きに座っている為、

正面から受けるプレッシャーも無いですし、逆に取りづらいという点もありません。

そして、スキンシップの面でも少し寄り添えば、簡単にスキンシップが取れる距離なので、ちょうど良い距離感とも言えます。

『対面の席』と『横並びカウンター』のデメリットを丁度補えるような席配置になっているんですよね。

やっぱり断トツで『L字型カウンター』がオススメです。

まとめ

3つの座り配置

『対面の席』

『横並びカウンター』

『L字型カウンター』

をそれぞれの特徴を押さえながら説明してきました。

出会い系で初めて会った女性などとコミュニケーション・スキンシップともに激しく取っていきたい!

という場合は『信頼』を構築できるという面からも『L字型カウンター』がめちゃくちゃオススメです。

僕も『L字型カウンター』が存在する店では必ずと言って良いほどこのカウンターを利用します。

もし無い場合は『横並びカウンター』を選択しますね。

物理的な壁は超えられないので、スキンシップの方を重要視しますね。笑 

優先順位としては

『L字型カウンター』>>>『横並びカウンター』>>>>>『対面の席』

と言った感じでしょうか。

何にせよ『L字型カウンター』がオススメなのは間違いありません。

出会い系で初めて会った女性と食事をする時にはぜひ参考にしてみて下さいね。

メルマガでの感想など、ドンドン送って下さい。

お待ちしています!

それでは〜。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロ。顔面自信なし。コミュ症。

そんな20代半ばの童貞サラリーマンが『出会い系』を通して生まれ変わることが出来た物語をメルマガにて無料配布中。

出会い系&セフレ&ナンパ…その他諸々に興味がある方はぜひ。

役に立つ情報もバンバン流しています。

→アニオタの童貞サラリーマンからセフレを作れるようになれた僕きんぽこの行動理念

メルマガ登録はこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー